【投資手法レビュー】アドバンスドホーミングFXで勝てるのか?

サイト内検索
スポンサーリンク

かなり前に発売されたFXトレード手法の教材になりますが、今回は『アドバンスドホーミングFX』というトレード手法の教材のレビューをしてみたいと思います。

販売者は、千草明さんという個人トレーダーの方。

スイスフランショック(2015/1/15)では、荒れ相場を逆手にとって20万円を10倍の200万に増やしたそうです。この辺、「1000万を2億円にした」とか言わずに、荒れ相場という事で程々の額しか突っ込まなかったところにちょっぴり好感が持てました。

実際に1000万円入金し、2週間で約350万円プラスを出しているを動画を同梱しているところから、ご自身の手法には確固たる自信があるのだと思いました。実力の高いトレーダーであるのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高勝率なシンプル手法①
アドバンスドホーミングFX

アドバンスドホーミングFXは勝てるのか?

教材の概要

概要

トータルで勝つにはどうするべきかという方法論、リスクリワード比率を考慮したトレードのススメ、相場の読み方、千草氏のトレード手法、という内容になっています。トレードを始めて日が浅い方に特に読んで欲しい内容が多いです。

内容物
  • PDFマニュアル98ページ
  • トレード実践動画(デイトレード編)     106分+71分
  • トレード実践動画(スキャルピング編)  109分
動画の内容
  • ライン(水平線、トレンドライン)の引き方
  • マルチタイムフレーム分析
  • チャートパターンの分析
  • 基本的なテクニカル分析
  • 相場の読み方
  • 利食いと損切りの調整
  • 米雇用統計時・乱高下相場のトレード

で、勝てるの? 勝てないの?

結論から言うと、いきなりは勝てません。

が、少しずつ勝てるようになってきます。

このスペシャルインジケータの出す矢印の通りにトレードすれば勝てるよ!という様な教材ではなく、淡々と裁量トレーダーとしての腕を磨くやり方を教えてくれるタイプの教材であるためです。その分、一度その考え方を身に付ければ、いわゆる「普遍的に通用する手法」になり得るため、そこに価値を見出すかどうかです。

1時間足を起点にした5分足デイトレード手法が本書の主体になっていますが、4時間足+日足・週足という組み合わせでスイングトレードにも応用可能な方法論に仕上がっています。

トレード手法の概要

以下のMT4に標準で付属している一般的なインジケータや描画機能を使用した、いわゆる裁量トレードになります。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチタイム
  • トレンドライン
  • 水平線

マニュアルの概要

第一章 利益を出す仕組みを知る

トレードの手法を学ぶ前の、トレーダーとしての基本的な認識や心構えの章。

  • FXで勝つには最終的にこうなれれば良い
  • 勝ち方の種類には二種類ある
  • FXで勝つのに必要な二つの要素は相場観とリスク管理
  • ニュースは見るな、チャートを見ろ
第二章 テクニカルとリスクリワード設定

使用するテクニカル指標と、リスクリワード比率に基づくトレードプランニング解説の章。

  • デイトレード用・スキャルピング用の時間足
  • チャートの設定・インジケータのパラメータ設定
  • 通貨や時間足ごとの損切りの目安
第三章 相場状態の確認方法

相場環境の認識に関する解説の章。

下図の様に、3つのパターンに大別し、それを更に8つのパターンに分けて相場環境を認識し、それに合ったトレードをしていくための方法を解説しています。

第四章 トレードに使う手法

第三章で解説した、相場環境の認識方法を元に、その時の相場環境に合わせたトレード手法・トレードの流れについて解説しています。

  • トレード手法の種類
  • 安定的な相場と不安定な相場でのアプローチ方法の違い
  • エントリーの流れ・リスクリワード比率に基づいてOCO注文(利確・損切り設定)せよ
  • 利益を増大させるためのルール

よくあるトレード本や手法だと、「トレンド相場で使えてもレンジ相場だと往復ビンタを食らって連敗した」といった相場環境を選ぶものが多いですが、アドバンスドホーミングFXではまず相場環境の認識ありきで、次に相場環境に合わせた手法を使う、という内容になっています。相場を選ばずにトレード可能な方法論を学べる点がロングセラーになるひとつの要因であると思います。前著の「ホーミングFX」(絶版)もパンローリングのTradersShopで売られていたぐらいです。

ただし、初めはトレンド相場向けの手法で勝てるようになるべきで、身に付いていない内からトレードはしないべき、と断り書きがしてあるので、まずは勝てるパターンを身に付けてそのパターンが来るまで耐えて待つべし、ということですね。

第五章 利益を出すためにやるべきこと

継続して利益を出していくためにするべきことを7つのポイントに分けて解説する章。

ルールを定める、トレードプランを立てる、…といったトレーダーとして成功するには欠かせないポイントを再度強調。トレードが上手く行かないときはこの章を読み直して何がいけないのかをチェックできるようになっています。

おススメ度 (★~★★★★★で評価)

★★★★

書いてあることは基本に忠実な裁量トレードと資金管理の方法。

爆発的に勝てなくても大負けせずコツコツ勝てるようになってくる内容に仕上がっています。

ただし、全くの初心者、「これからFXを始めます!」、「株もFXもやったことないけど大丈夫?」という方にはおススメしません。最初に少し実弾でリアルトレードの経験を積んでテクニカル指標の勉強をすることをおススメします。ずぶの素人には受けない、という点のみ減点要素として、★4つとします。

購入はコチラからどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
すごい早さで資金が増える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しております。

応援していただけると中の人が喜びます。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

Advertisment ad adsense adlogger